2010年02月04日

枚方市議会日華親善議員連盟

昨年、6月29日に枚方市議会では、共産党を除く超党派議員で日華親善議員連盟が結成され、この度、2/1〜2/3に「枚方市議会日華親善議員連盟」として中華民国(台湾)へ視察研修しました。
日清戦争後、日本が統治した台湾です。日本も、かってこの地をおさめました。
台湾が日本領だった時代、日本は、未開の地だった台湾の発展に力を注ぎ、病院、ダムを建設し、鉄道などのインフラを整えたのです。
今回の訪台で台湾の多くの人々が、日本や日本人に好意をもっていることが良く分かりました。
ぴかぴか(新しい)台湾の元総統、李登輝氏の言葉を紹介します。
「台湾が今のように経済発展できたのも、ひとえに日本、日本人のおかげである」
さらに、こんなことも言っています。
「私は22歳まで日本人だったと誇りを持って言える。日本が台湾におこなった事実を、日本の子どもたちに正しく伝えたい」と言っています。

P1060820.JPG P1060687-0.jpg
中華民国 立法院 議場/日本の国会議事堂です
P1060813.JPG P1060576.JPG
中華民国総統府は中華民国の元首である総統の官邸です
※台湾の日本統治時代は、日清戦争の敗戦に伴い清朝が台湾を日本に割譲した1895年(明治28年)4月17日から、第二次世界大戦後の1945年(昭和20年)10月25日、中華民国統治下に置かれるまでの統治の約50年間を指します。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
posted by 龍ちゃん at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 視察・研修・勉強会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35148880

この記事へのトラックバック